新着情報

一人ひとりに合った心通う介護 特別養護老人ホームもくせいの苑

新着情報

  1. もくせいの苑 ホーム
  2. 新着情報

皆様の笑顔があふれるとき 新車!

待ちに待った車イスが届きました!


今回導入した車イスは、MiKi(ミキ)社製のJTN-3です。
サニタリー車イスとして、座面シートを簡単に交換できる、
衛生的な車イスです。感染予防にもなります。
通常の車イスの座面はビスで固定されていたため、取り外しに
手間がかかりますが、キャップを外して引き出すだけになります。
キャスター(前輪)もバーを下げるだけですぐに取り外し可能。



またアームサポート(ひじ掛け)がはね上がり、
フット・レッグサポートが外側に開いたり、取り外しができるので、
車イス⇔ベッド、車イス⇔トイレ等の移乗介助の時は、邪魔にならず、
ご利用者様の身体に当たることがなくなります。



皆様が安全に生活していただき、多くの笑顔を見れますように!

生活援助課 細谷

2020年9月28日(月)17:53 | お知らせ

皆様の笑顔があふれるとき 敬老の品いただく!

もくせいの苑の隣にあります、同法人ゆりかご保育園
の園児様達が来苑され、敬老の品をいただきました!





さて、年長の方を敬い、感謝の気持ちを伝えるための
敬老の日ではありますが、その詳しい由来については
意外と知らないもの。

敬老の日が祝日になったのは50年前
敬老の日のルーツは戦後すぐの1947年(昭和22年)9月15日、兵庫県
多可郡野間谷村が敬老会を催した「としよりの日」だと言われています。
としよりの日はその後全国に広まり、「老人の日」への改称などを経て、
1965年(昭和39年)に国民の祝日「敬老の日」として制定されました。

敬老の日の由来はあの聖徳太子
現在、敬老の日は国民の祝日に関する法律(祝日法)で「9月の第3月曜日」
と定められていますが、それまでは曜日に関係なく「毎年9月15日」でした。
その日になった理由には諸説あるものの、593年に聖徳太子が身寄りのない
老人のための施設「悲田院」を設立した日が9月15日とされるのにちなんだ
と見られています。

今はコロナウィルスのため、色々と制限がございますが、コロナウィルスが
終息された時には、またゆりかご保育園様と交流させていただきたいです。

かわいい園児様達との交流で皆様の笑顔が見れますように!

生活援助課 細谷

2020年9月24日(木)23:50 | お知らせ

ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ

このページのトップへもどる